無料ブログはココログ

« 次亜塩素酸水のコロナ検証結果(最終章) | トップページ | 梅雨とコロナ »

2020年7月27日 (月)

梅雨が長い!

梅雨が長引いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

営業部の宮本です。

ということで、あまりにも長い梅雨について少し調べてみました。

今年の天候は偏西風の蛇行によるもので、これにより高気圧と低気圧の配置や発達に影響を与え、梅雨前線を日本列島に停滞させているうえに、湿った空気が送り込まれて大雨に繋がってるとのことでした。

これって、なんと1998年の気候と酷似しているのだそう。

そして、1998年は東日本の梅雨明けは、8月3日ころ、西日本は梅雨明け宣言自体ができなかったようです。

さらにその年は、台風の発生個数は少ないものの、日本は台風の当たり年になったそうで、今年は雨に悩まさせる夏秋になるのかと、準備できることを考えておこうと思っています。

1998年の夏は、まだ運送業におらず地盤改良の会社にいました。そして、黒部ダムの現場で仕事をしていて、連日の雨で工事が中止になり続けたことを、さらに工事中でも雨が降ると川沿いの機材を避難させるために苦労していたことを思い出しました。隣で工事している会社は、重機を何台も川に流されてしまって大損害だって言っていたのも覚えています。

そう、あの黒部ダムです!

話は脱線しましたが、天気予報を見ると8月6日あたりが梅雨明けでしょうか。

油断しちゃ駄目だと言いつつ、つい期待してしまいます。

Ee51a41cf1f74b2a8f10940ceae9c6da

« 次亜塩素酸水のコロナ検証結果(最終章) | トップページ | 梅雨とコロナ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次亜塩素酸水のコロナ検証結果(最終章) | トップページ | 梅雨とコロナ »