無料ブログはココログ

« 新年度を迎えて | トップページ | ライブ配信 »

2020年4月 7日 (火)

批判はかんたん

営業部の宮本です。

今回のブログは、当社のコロナ対策をご紹介しようと思っていたのですが、先の政府が出した「布マスク×2枚を配布する」という対策について批判がものすごく、当社が決めた布マスク3枚を配布するという対策も批判されているような気がして、そのことについて書きたいと思います。

そもそも、「無いよりマシ」じゃありません?

前回の塩島さんの記事には、お褒めのコメントもいただいて、本当に心より嬉しく思っています。
当社が目指している「ちょっといい会社」とは、こういうことだと思っているんです。理想を言えばきりがありませんが、良い会社と言ってもらえることを、ちょっとづつ増やしていきたいと思います。

ところで、マスクの話に戻って、ちょっと算数をしたいと思います。
現在、使い捨てマスクを月に7億枚生産していると。
日本人口は1.26億人として全員が30日毎日使い続けると、月に37.8億枚
さすがに全員が毎日1枚ずつ使う訳じゃないかということで、半分にしても18.9億枚が必要
ということで、「7億枚がどこにいった~」とか「政府は何を管理してるんだ!」とか言いますが、ちょっと計算すればわかります。月に7億枚でも全然足りないんです。

そこで、布マスクの登場です!

5800万世帯に2枚ずつ配布するということは、1.16億枚
1.16億枚を30日使用すると、使い捨てマスクの34.8億枚分
流石に毎日はないか?ということで半分として17.4億枚分
更に使用できない方もいるかもしれないから、15億枚分として

結果は
日本人口の半分が毎日使用したと仮定し、18.9億枚/月が必要
使い捨てマスクの国内生産数、7億枚/月
政府が配布する布マスク効果が、15億枚/月

皆さんが頑張って布マスクを使用すれば、必要枚数を上回ってくると思いませんか?
余裕が出てくれば、布マスクが足りない世帯でも、使い捨てマスクが購入できるようになると思うのですが。

ということで、当社の対策でもある布マスク配布についての説明でした。
テレビやネット記事も、こういうことを冷静に報道してくれないものですかね?結果論で批判をするのは簡単で、対策を考え実行するのは本当に難しいと実感しています。

ちなみに私は、布マスクと使い捨てマスクの洗浄再利用で、もう1ヶ月程度新しい使い捨てマスクを使用していません。

実はまだ新品を20枚程度持っているのですが、これは内緒のお話し(笑)

« 新年度を迎えて | トップページ | ライブ配信 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年度を迎えて | トップページ | ライブ配信 »