無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月29日 (水)

またまたコロナ対策!

営業部の宮本です。

コロナ対策についてです。もう第何弾でしょう?

点呼用ビニールシートと立ち入り制限、消毒液(次亜塩素酸水)の出入り口への設置が完了しました。

シートは、私の施工で材料費だけなので、5000円程度ですみました♬

こんなときでも点呼は法律通り原則対面で行わなくてはなりません。また、消毒液は事務所には置いてありましたが、従業員さんの意見で、事務所に入る前にしましょうと!

こういう意見は本当にありがたい♬

ポイントは、今回から感染対策ではなく、感染拡大防止対策に少し考え方をチェンジしていること。

これだけ感染が増えれば、感染はすぐそこにあります。仮にどこで感染者が出ても、全滅は防ぎましょうということです。

もちろん、感染自体が防げるのが一番大事なので、消毒液の無制限配布と、布マスクの配布も継続しています。

ということで、グループ会社も含めた布マスク配布第一弾2300枚が完了しました。

すでに、第二弾用2200枚も発注済み。5月中旬に届きます。

知恵を絞ってなんとか事業継続し、お給料を支払い続けなくては!

みなさん頑張ってコロナを乗り切りましょう♬

D1afe7611c964c8394cd6244fd365bd9C3a022b9c068484b8f6b52fd5fb76d5834657d12cfca4490a30dd7aed0569703Ac944515474541419e1440f2743ce40fCe9962185f394781bc798cffd17bf0458baade8ab7574034aa99a9f3d65291a9183a2e039001449fa9a17a376334a83e

2020年4月18日 (土)

みんなでがんばりましょう♬

営業部の宮本です。

今日は土曜日なので、仕事とは関係ないネタを。

今回はあるサイトを紹介したいと思います。それは、TAKEOUT YAMANASHI というサイトで、山梨県の中高生が協力して作った、飲食店を応援するサイトです。テイクアウトができるか、始めたお店を紹介しているということです。

https://takeout-yamanashi.glideapp.io/

こういうのいいですね♬コロナ対策疲れが出てきていたのですが、まだまだ頑張ろうって元気が出てきました!

さて、今日はどのお店にしようかな(笑)

2020年4月14日 (火)

お疲れ様です

国母営業所の丸山です。

 

国母営業所でもコロナの対策として色々取り組んでいます。

マスクは勿論、三つの密や消毒、休日の不要な外出を控えて

感染しないよう努力をしています。

緊急事態宣言もでた都道府県もあり身近に見えない恐怖を感じています。

この時期マスクが手に入らない中会社から布マスクを一人三枚

配られました。社員一人一人の感染防止を考えてくれての事だと

思うので大切に使用したいと思います。

 

仕事面でも影響が出はじめて手があくときがありますが、

内田所長も言われてる通り普段見えないところの整理整頓や

倉庫補修、改善等色々取り組んでおり皆で乗り切って行こうと思います。

 

自粛自粛で中々出かけられず皆ストレスが溜まってくるかもしれませんが

コロナが収束したら皆で食事でも行きましょう。

 

2020年4月13日 (月)

コロナで疲れ気味、、、

国母営業所の内田です。

久しぶりに投稿させていただきます。

最近、コロナの話題しかありませんがうれしい事がありました。

国母営業所の皆さんと普段出来ていなかった、フォークリフトの塗装や路面補修・センターラインを新しくしたり

皆さん頑張って一緒に作業をしてくれました。

こんなときほど、出来るところを探し出して皆で取り組むことの大切さを実感できました。

まだまだ、補修・改善・教育(集団では出来ませんが、、)工夫しながら乗り越えて生きたいと思います。

追記

二週連続で日曜日は自宅で引きこもりになっておりお酒太りになってしまうことが

恐ろしい、、、

お付き合いいただきありがとうございました。

 

2020年4月11日 (土)

ライブ配信

営業部の宮本です。

今回は安全とコロナ対策についてのお話です。

本日は、本社営業所で安全研修会を開催しました。ご存知の方も多いと思いますが、運送会社は法律で定められたドライバーさんに対する教育を行わなければなりません。

安全は全てに優先するという方針を掲げる当社としては、この時期でも安全をおろそかにできません。

しかし、コロナ対策で3密は自粛しなくてはならない。

ということで、安全部会を初めてのライプ配信しました。ライブを視聴していただいて、感想文を提出してもらえば、出勤として取り扱います。

これも、一種のテレワーク!

これはいつもなのですが、長野営業所と合同で行うため、テレビ会議も繋いでいるもんだから、なんかハイテクな会社みたいになっちゃいました(笑)

完璧はなかなか難しいですが、自分たちでできることからコツコツと!

Fd6350b5f390480cb96cb5781fa8354901a9ae125bf549d9b3143eeb72683e7c6cfa1eb64881478c87021c2811e642f0


2020年4月 7日 (火)

批判はかんたん

営業部の宮本です。

今回のブログは、当社のコロナ対策をご紹介しようと思っていたのですが、先の政府が出した「布マスク×2枚を配布する」という対策について批判がものすごく、当社が決めた布マスク3枚を配布するという対策も批判されているような気がして、そのことについて書きたいと思います。

そもそも、「無いよりマシ」じゃありません?

前回の塩島さんの記事には、お褒めのコメントもいただいて、本当に心より嬉しく思っています。
当社が目指している「ちょっといい会社」とは、こういうことだと思っているんです。理想を言えばきりがありませんが、良い会社と言ってもらえることを、ちょっとづつ増やしていきたいと思います。

ところで、マスクの話に戻って、ちょっと算数をしたいと思います。
現在、使い捨てマスクを月に7億枚生産していると。
日本人口は1.26億人として全員が30日毎日使い続けると、月に37.8億枚
さすがに全員が毎日1枚ずつ使う訳じゃないかということで、半分にしても18.9億枚が必要
ということで、「7億枚がどこにいった~」とか「政府は何を管理してるんだ!」とか言いますが、ちょっと計算すればわかります。月に7億枚でも全然足りないんです。

そこで、布マスクの登場です!

5800万世帯に2枚ずつ配布するということは、1.16億枚
1.16億枚を30日使用すると、使い捨てマスクの34.8億枚分
流石に毎日はないか?ということで半分として17.4億枚分
更に使用できない方もいるかもしれないから、15億枚分として

結果は
日本人口の半分が毎日使用したと仮定し、18.9億枚/月が必要
使い捨てマスクの国内生産数、7億枚/月
政府が配布する布マスク効果が、15億枚/月

皆さんが頑張って布マスクを使用すれば、必要枚数を上回ってくると思いませんか?
余裕が出てくれば、布マスクが足りない世帯でも、使い捨てマスクが購入できるようになると思うのですが。

ということで、当社の対策でもある布マスク配布についての説明でした。
テレビやネット記事も、こういうことを冷静に報道してくれないものですかね?結果論で批判をするのは簡単で、対策を考え実行するのは本当に難しいと実感しています。

ちなみに私は、布マスクと使い捨てマスクの洗浄再利用で、もう1ヶ月程度新しい使い捨てマスクを使用していません。

実はまだ新品を20枚程度持っているのですが、これは内緒のお話し(笑)

2020年4月 2日 (木)

新年度を迎えて

通年であればこの季節は冬の寒さもなく、桜も満開となり、入園、入学、新社会人の入社式、新たな門出を開くのにふさわしく、

企業では目標を掲げ新たなスタートをきり、とてもフレッシュで華やかな話題があふれる季節のはずです・・・

ところが、ニュースでは毎日コロナウイルスのことで埋めつくされてしまっています

そんな状況の中で新学期を迎える学生、新社会人、コロナウイルスの影響で仕事や経済的影響を受けている方々、医療現場で戦っている方々、

心境を思うと言葉では表わせません。

 思い起こすと1月末、中国武漢での新型コロナウイルス感染者、日本入航ダイヤモンドプリンセスの乗客からの感染者、北海道で感染者、日本国内でも数

十人という状況でした、対策が少しずつ出はじめ3月には学校も休校、数千人規模の大企業でのテレワークの実施、あちこちの国が入国規制、にもかかわ

らず、国内の感染者、死亡者は増えるばかり、アメリカ、ヨーロッパの感染者も想像を超えています。目に見えないウイルスに対してどうなるかこの先のこと

が全く想像できません。まずはどのようにするか、しかないのでしょう。

社内での取り組みが始まったのも1月末からでした、

対策の1つとしてマスク購入が始まりました、世の中でマスク購入の制限がかかりはじめすぐに動いたのですが、ネットでの正規な販売はどこも売り切れ、店

舗では1人1箱か2箱のみ、中には売り切れの店舗も、数店舗まわりそれでも2,700枚程のマスクを確保できました、(決して買い占めではありません、各営

業所分も含めて必要な分)

おそらく1ヶ月もすればまた買えるようになるだろう、ということを思いながら・・・・

ところが、使い捨てマスクはその後店舗で見ることはなく、17円~8円で買えたマスクが10倍以上で転売され、ネットではマスク販売トラブルが起こり、国

からマスク転売の法令がでることになり、必要とする医療機関、福祉機関等へ届かないという事態になりました。

先日取引先の方が、次亜塩素酸水の問い合わせと注文が増えた、とおっしゃっていました、

1ヶ月前に既に配布して防備してますよと伝えたらとても驚いていました、3月入って早々に乗務員さんへ配布、事務所には常に常備、予防に徹底している

環境であります、上長の方々が早々に手配してくれ対策を考えて実行していたのでこのような環境が整っています、とてもありがたいことです。

会社が、というのではなく、自ら予防をして注意していかなくてはなりません、それでも感染してしまう方もいます、死につながるウイルスということを忘れては

いけないと思います、感染した本人が苦しむだけではなく、万が一のことがあると周りも悲しいですし苦しいです、若者の感染者が多発していて、意識の甘さ

を物語っています、明日は我が身、濃厚接触者、感染者の1人になるかもしれません、大事な命です、亡くならてしまった方の命を無駄にできません

皆さんもご自身とご家族そろっての注意予防に徹底していただきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

     翌年はフレッシュな春を迎えれたらいいですね  塩島でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月 1日 (水)

第58期を迎えました

営業部の宮本です。

タイトルの通り、本日から期が変わり第58期に入りました。

設立1963年4月より57年が経過したことになります。まだまだ通過点ですが、歴史を感じ今日は先輩方に感謝したいと思います。
例年であれば「来期はどんなことを目標にしようか?」と期が変わる前に考えてみるのですが、今回はコロナ一色でいつの間にか期が変わってしまったという感じ。お恥ずかしながら、コロナ対策で精一杯でした。
しかし、現在はこれでいいと思っています。未来のことを考えるためにも今を乗り越えなければ!

ということで、またまたコロナ対策です。
使い捨てのマスクが手に入らないということで、とうとう布製マスクに変更です。

Img_1106 Img_1099

1枚300円、納期は15日ほどです。
従業員さんへ3枚づつ配布し、洗濯して使っていただきます。
当社総務課の塩島さんがユニフォーム会社と交渉し、本日注文することが出来ました。
対策は総力戦です。当社の従業委員は一人ひとりがきちんと意識してくれ、対策にも積極的に対応してくれるので、本当にありがたいと思っています。

実は、使い捨てマスクの在庫もまだあるのですが、1日70~80枚使用する当社としては、いま次の対策を考えておかなければなりません。配布マスクも2日使用してもらっていますが、それでも4月20日頃には在庫が切れるところでした。

次回はまた別のコロナ対策をご紹介したいと思います。

またかよと言わずに、お付き合いください(笑)

みんなで筋肉体操をして見ました。

総務課の鈴木です

コロナ対策の余波で、妻が通っていたヨガ教室のレッスンが無くなり、
体を動かせなくなった代替策として、家でYouTubeの『みんなで筋肉体操』を
TVに映して、体操をしています。
妻曰く、5分間のミニ番組だから、ラジオ体操よりチョット辛いけど大丈夫、とのこと。
私は無視していたのですが、先週、軽い気持ちで≪太ももスクワット 3≫にチャレンジしてみました。
内容は
・スクワット1セット(20秒→5秒休憩→15秒→5秒休憩→15秒)1分間を2回。 
・次に腰を深く落として、1秒間に3回左右の足をステップ(20秒→5秒休憩→15秒→5秒休憩→15秒)1分間を2回。
終わったとたん、太腿が痛くなり、立っていられませんでした。さらに、筋肉痛が3日間続きました。
キツくなった時は『頑張るか、頑張れないか、ではなく、頑張るか、超頑張るか』だそうです。
なんと恐るべしNHK。
その後私は、一度も参加していませんが。
1ケ月続けると筋肉マッチョになる様です。皆さんもチャレンジしてみては如何ですか?

以上

心の中の穴

オフィスに入ったら、最初に一番面倒な仕事から片付けるように心がけよう。そうすれば、ストレスも不安も減り、その日はう、そのことを考えずに済む。リスクをとることに不安を感じるなら、あまり大きなリスクはとらない方がいいかもしれない。だけど、まったくリスクをとらないと言うのは、もしかしたら、実は最も大きなリスクだということなのだろうか?たいてい不安は、取り越し苦労に過ぎない。過去の失敗を思い出せばより一層に不安がおしよせてきて、未来の事を考えると、大丈夫だろうか?と2倍3倍も憂鬱になる。他人と自分にないものを数えだすと数えきれないし、いいところは…片手くらいかな(そんなにないか^^;)不安があるから人は考える。不安がない人なんていないだろうし、どんなに楽観的な人間でもストレスや不安はきっとある。もしかしたら大切なのはその不安を抱え悩むよりも、その事柄にどう向き合うのかかもしれない。最悪の結果が待っているのは、それを想像し何も考えていなかったときに限られから。“仕事” “家庭” “対人関係”“老後” “恋愛” etc……日々たくさんの人々が“不安”を抱え生きている。自分自身もその一部にすぎない。過去の遺産に縛られるのはもうやめよう。新たな1歩とは常に己のすぐ目の前ににあるはずだ。             

    

なーんてね(^^♪    

                                               記載予定日より遅れて書いた配車マン

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »