無料ブログはココログ

« 雪景色! | トップページ | 我が家のコロナ対策 »

2020年3月30日 (月)

コロナ対策!次亜塩素酸水について

営業部の宮本です。

今回は少し真面目な話を書きたいと思います。

いま、コロナ対策としてて指消毒用で、アルコールの代わりとして注目されている「次亜塩素酸水」ってご存じですか?

そして

次亜塩素酸水

次亜塩素酸ナトリウム

の違いをご存知でしょうか?名前は似てても、全く異なるものです。

次亜塩素酸水は弱酸性(ビオレとかも弱酸性で肌に優しいって言ってますよね)

次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性(肌に優しいとは、対極にあるような性質です。いわゆるハイターを薄めて使うのはこちらのこと)

次亜塩素酸水は、厚生労働省も認めている、食品添加剤です。

ウイルスや菌に対しての有効性は、どちらも有効のようですが、肌に対する安全性は対局と言っていいほど違います。(ハイターとビオレに手を漬けるのは、どちらが安全か?と思ってもらえば、分かりやすいでしょうか?そのくらい違います。)

テレビのコメンテーターとかも混同して説明し、それが報道されるので、間違った情報が流れるのはしょうがないと思いますが、どうにかしたいものですね。

私が会社でも使っているのは、粉体のもので、水に溶かして次亜塩素酸水を作ります。

手指消毒に使う50PPM程度の次亜塩素酸水であれば、3000円120グラムで売っており、1400リットルが作れます。
テーブルやドアノブの消毒に使う場合は、10倍程度の濃度になるのですが、それでも140リットルは作れます。

希釈の計算がちょっと面倒なので、使用には注意が必要ですが、アルコールの代わりには十分すぎる効果があります。

10年程度前にノロウイルスが大流行したのを覚えていますか?ノロウイルスはアルコールでは死にません。では、どうやって消毒するかというと、この次亜塩素酸水を使って手指消毒をするのです。プレベント水なんて商品名でも売ってます。

もちろん、床や手すりなどの消毒には、次亜塩素酸ナトリウムも使えるのですが、ゴム手袋を使用しなくてはならず、手指消毒になんて使えません。

私は食品衛生責任者の資格も有していますし、会社の事業で食品も扱っているので、この辺は常に勉強していますし、ある程度は詳しいつもりです。

マスクの転売に規制がかかったら、今度はアルコールの転売が酷く、辟易しています。

ぜひ、きちんとした知識を持ちアルコールには頼らず、次亜塩素酸水を正しく使い、手指消毒を徹底することで、コロナを乗り越えましょう!

そしてこの情報が広まってくれて、アルコールの需要が減り、転売ヤーが諦め、医療関係者など本当に必要な場所や人に、十分届くことを願っています。

« 雪景色! | トップページ | 我が家のコロナ対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪景色! | トップページ | 我が家のコロナ対策 »